コンサル下ちゃんの人事気象台

庶民派コンサル「下ちゃん」の一期一会ブログ

部下とのやりとり、問題が発生したら・・・・・  人事見直し倶楽部通信  №2613

time 2017/04/20

部下とのやりとり、問題が発生したら・・・・・  人事見直し倶楽部通信  №2613

みなさんこんにちは。下ちゃんです。昨日もいい天気になりました。今日は暦の上では穀雨。

春のやわらかく、温かい雨が降って、穀類の芽が伸びて来る頃。毎年42021日頃。穀物が生長するため、私たちが生きるために必要な恵みの雨とされるとのこと。雨降るのかなぁ~予報では気圧の谷の影響で曇り空みたいですけどね。週末に向けて頑張っていきましょう。

あと1週間強でゴールデンウィークに突入です。

う~ん時間が経つのが早い。遅々として進まない企画をやり切らないと・・・・・焦ってはいけないと思いつつ焦る自分がまだまだ未熟だと感じる昨日1日の反省です。

 

こんな記事が・・・・

来夏の全国高校野球の話。記念の100回大会。80回や90回記念大会で2代表制となった埼玉、千葉、神奈川、愛知、大阪、兵庫に加え福岡からも2校出場することが決定したニュースがあった。(北海道と東京は毎年2校出場)最多56校で頂点を目指すことになる。楽しみである。

 

さて

仕事を進めていく中で、問題が発生したときに部下にどうアプローチをしていくのがいいのだろうか。まずは状況確認ですね。問題の詳細をしっかりと掴んでから対処しないと、見当違いの指摘をして、部下との間に溝ができることがある。気を付けないと・・・・・

問題が状況に依存しているケースや一過性のミスであれば、ことさら部下を叱る必要はない。状況を確認するだけでいいと思います。

部下自身が問題を引き起こし、看過できない状況であるならば、なぜ問題が発生したのかを本人部下に考えさせること、一番良いのが自分自身で問題の原因を見つけ対策が練られることである。

原因や対策が見つけられなかったら、上司が問題を指摘し、必要に応じて叱るという流れになる。

そして最後に大切なのが、叱ったあとですね。

必ずフォローをすることである。

とくに落ち込みやすい性格の部下に対しては、気を付けないといけませんよね。

 

down

コメントする




最近のコメント