コンサル下ちゃんの人事気象台

庶民派コンサル「下ちゃん」の一期一会ブログ

心が折れる職場って・・・・  人事見直し倶楽部通信  №2462

time 2016/11/20

心が折れる職場って・・・・  人事見直し倶楽部通信  №2462

みなさんこんにちは。下ちゃんです。昨日朝、少し雨が残り昼ごろにはドンよりとした曇り空、時折小雨がちらつきました。気温は寒くなかったのでよかったです。初めてファン感謝ディに行ってきました。選手たちの試合の時の真剣さではなく、ファンを楽しませてくれるのが目的だったので、日ごろ選手たちが話しているネタをしゃべってくれて楽しいひとときを過ごせました。さぁ今日は神戸マラソンです。晴れてくれるかな?

私の事務所の近くがスタート地点。応援しに行こうっと・・・・

 

新聞拾い読みです。

こんな本の紹介があったので目が留まりました。「心が折れる職場」という題名です。

今、メンタル不調と呼ばれていて、心が折れると文学的な言い回しをしている内容です。

改めて、心が折れる職場ってどんなところなのか?考えてみましょう~

若手を褒めるや叱ることがないとか、飲み会が少ないとか、時代錯誤の長時間労働だとか・・・

朝挨拶してから、一言も喋らないとか・・・・考えたらいくらでも出てくるということは、心が折れる職場なのだろうか?

つまり、仕事は普通に回っているが、人間関係の活性が極めて低い職場ということになるのだろう・・・・

実際、私もいろんな企業を訪問させていただいて、ご相談いただくことは、人間関係が一番多いですね。

だから、社員の人たちと面接することも多いのですが、私は聴き役でいろんな話しを聴いてあげると、話し始めるときと顔色がだんだんと良くなっていくのです。話しを聴いてもらえてよかったです。という言葉をよく聞きますね。

それだけ社内では、話しをしないのであろうか・・・・・と感じるところが多いです。

私も伊達に年を食ってるわけでもないですし(苦笑)いろんな経験をさせていただきましたしね。

共感できるのでしょうか、話しやすいと言われることもありますしね。それ強みかなぁ~(笑)

さぁ11月もあっという間に今日入れて11日。明日から新たな週がスタートします。

元気よく挨拶からです。「おはようございます」と積極的に声掛けしましょう!

 

down

コメントする




最近のコメント